F 個人間融資の罠│個人間融資掲示板で出会った人々 借りパク、詐欺師、多重債務者、金融ブラック、闇金、自己破産、債務整理、延滞、個人融資、借金だらけの人たちとの話

個人間融資の罠

≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)





このブログを書き始めて、すでに150記事を超えました。自己満足の世界で、ブログを書いていますので読まれてる方も「こいつ何を書きたいの?」
と思っているかもしれませんけど、書いている本人が何を書いているのか、良くわからなくなっています。
ここから個人間融資で、最終的に私が大失敗した事をしたことを少し書きたいと思います。

個人間融資と言うか、少し複雑な貸し借りになります。
きっかけは確か、人を介して接触したかと思います。仮にBさんとします。
この方は、もともとは借主の立場だった人です。
人の仲介で、初めてその方を紹介された時は借主としてではありませんでした。

個人間融資の仲介のような感じですが、融資を対象にしていたのは基本的に生活困窮者やシングルマザーが中心で、少額融資を基本にしていました。
法的にはアウトですが、その活動に賛同して融資をするようになりました。

やり方としては、個人間融資の金融相談室の管理人がしていた方法に似ていました。
そのBさんが、まずは基本的に融資を希望する人を審査していたようです。基本は対面で面接をして、融資の対象になるかそのBさんが面接をします。
融資対象者は、その方の県内または近隣で直接会える範囲の人が対象でした。このBさんも元を辿ると、個人間融資の掲示板を運営していた人です。

ブラックでも融資可能な中小の街金融はここ
40.jpg 


はじめてこのBさんを通じて、個人融資をしたときには確か3万円だったと思います。
融資をするまでに、このBさんがう融資希望者の自宅に訪問して、面接の様なことをして必要最低限の金額の落としどころを見つけて、最終的に私のところに金額を伝えて私が納得したらBさんに入金してそれを、面談した人に貸し付けをする仕組みです。
Aさんがやっていた方法と似ていましたが、私は単純ですのでその数万で人生が立て直せるなら、投資をしてもいいと思ってBさんの話に乗ってしまったのです。
Bさんは貸主のところに訪問する、交通費や諸費用は自腹を切って利益を得ないと言っていましたので、その言葉に何か響くものを感じてBさんの話に乗ることにしました。

基本的にBさんは無償で、出資者の私に対しても利息やリターンは一切有りませんでした。
一言だけ言った覚えは有ります「完済して余裕ができた時に、地元のうまいものか地酒をを送ってください」と・
ここから私にとって地獄の始まりでした。

話は変わりますが、Twitterの#個人間融資で個人間融資とうたってる人たちは、良い事をつぶやいていますが所詮闇金です。
私のところに情報が入ってきますが、動物の個人融資は追い込みが尋常じゃないようですので気を付けてください。
元を正せば、大本は一緒です。女性がつぶやいているアカウントは週倍の利息のようです。
用は闇金です。借りる借りないは、ご本人にお任せしますが借りないに越したことは有りません。


匿名で借入先をを探せます



にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村
 ぽちっとお願いします

人気ブログランキング








trackback


スポンサーリンク

スポンサー

QRコード

QR

スポンサー